会社案内 営業所案内
SK-LEASE株式会社
リース&レンタル注目のアイテム販売商品お問い合わせお客様へ
 
レンタルサービスご利用のお客様へ

発電機(10KW以上) 使用に必要な届出

発電機(10KW以上) を使用する場合は、利用者(設置して使用する者)が『主任技術者の選任・届出』と
『保安規定の届出』を行うことが義務付けられました。(レンタル会社は対象外 )
 
※電気事業法
■ 北海道内で使用する場合、変更のない限り一度提出するだけで現場が変わっても有効です。
■ 同じ会社であれば、道内で現場が複数あっても現場毎に届出る必要はありません。
■ 同じ現場であっても、使用する会社が異なれば、各々届出が必要です。
■ 元請会社が用意した発電機でも、使用する会社に届出の義務があります。
1.主任技術者選任・届出
次の何れかの条件で届出又は申請を行う
○有資格者(第1種〜第3種電気主任技術者)を選任
・高等学校以上で電気工学科修了者/第1種電気工事士/その他、条件を満たすもの
○有資格者以外を選任(500KW未満に限定)
○外部委託(1000KW未満に限定)
・用件を満たす個人又は法人と保安管理業務の委託契約を結ぶ
2.保安規定の届出
○移動用発電設備の移動の区域、修理、改造、保管、点検、整備、使用、据付等について
届出先(郵送不可・窓口のみ受付)
 経済産業省 北海道産業保安監督部 電力安全課
 TEL (011) 709-1795  札幌市北区北8条西2丁目 札幌第1合同庁舎
書式
検索サイトの場合『電気保管に関する申請様式等のダウンロード 北海道』 で検索して下さい。
※書式のダウンロードが出来ます。※詳しい情報も確認できます。

常時監視方式と随時巡回方式

平成17年8月に、可搬型発電機の監視方式が従来の常時監視だけから、随時巡回監視も選択できるようになりました。

随時巡回方式を選択出来る条件
条件
1.商用電源と連係しない。
2.取扱い関係者以外が立入り出来ない様に施設する
3.燃料を発電機の外部から連続供給しない。(外部タンク不可)
 ※外部タンクを使用する場合は常時監視方式が条件となります。
4.随時巡回にするため、発電機本体に必要な保護装置を備える必要があります。

■ 外部タンクを接続して使用する場合は、従来どうり常時監視が条件となります。
   また、少量危険物貯蔵取扱い・設置届出や防油堤の指定(現場状況により)などの条件が付く場合があります。